バンコクナイツ公式パンフレット

本作の仔細なストーリー。バンコク、イサーン、ラオスに登場する全キャスト紹介、『バンコクナイツ』を巡るキーワード集、行友太郎氏による映画評論、監督メッセージ、リベラシオン紙の映評等々の充実の36ページ。これを読めば『バンコ…

RollingStone日本版web

RollingStone日本版webに富田、相澤のインタビューが掲載されました! [RollingStone日本版web]娼婦、楽園、植民地:空族が描くアジアの裏経済『バンコクナイツ』 http://rollingsto…

「BARFOUT!3月号」

発売中「BARFOUT!3月号」には空族、唯一の職業俳優にして強力な援軍でもある(スモークも炊く)川瀬陽太さんと相澤虎之助の対談を掲載!川瀬さんから見た空族と『バンコクナイツ』、そして自身の役柄「金城」に関してもたんまり…

「CULTURE Bros. Vol.6」

発売中「CULTURE Bros. Vol.6」に菊地成孔さんと空族・相澤虎之助のロング対談が全8ページで掲載!“ジャパン・クール”という純血カルチャーへのカウンターとしての空族、汎アジア的視点、愛なき世界での愛という希…

「映画秘宝」4月号

現在、発売中の「映画秘宝」4月号は<『バンコクナイツ』公開!「空族」サーガ大研究!>と題した4Pの空族大特集です!!!! 富田、相澤&田我流のインタビューに加えて柳下毅一郎さんレビュー、樋口泰人さんコラム、モルモット吉田…

RollingStoneの第二弾の記事

RollingStoneの第二弾の記事!『バンコクナイツ』の重要要素である音楽について語っています。必読! 「相澤:タイには人生のための音楽というのがあるんですよ。それは、「プレーン・プア・チーウィット」(タイの社会派流…

[ウェブダイス]インタビュー掲載

「“楽園とはどこか”とは、思えば一貫して空族のテーマだったのだと思います。しかし、“楽園”は常に目の前にあり、ただ覆い隠されているだけかもしれないと『バンコクナイツ』の制作過程で思うようになったのでした。2011年の東日…

映画.comに富田、相澤のインタビューが掲載

映画サイト「映画.com」に富田、相澤のインタビューが掲載。 「今回、長い期間を現地で過ごして、タイは母系社会だと感じました。イサーンではそれが顕著。母親を中心に一家郎党がより集まって住み、女たちが何とか働いて、家族を養…

2月24日付朝日新聞夕刊

先週の山根貞男さんの映画評に続き、本日24日付の朝日新聞の夕刊に空族・富田克也(監督)、相澤虎之助(脚本)の記事が掲載。 “3・11以降、何で日本がこんなおかしな国になっているか、考えざるを得なかった。日本全体を考えると…

2月24日付読売新聞

読売新聞に『バンコクナイツ』映画評が掲載です!!! 映画の真ん中にいる女の、それでも生きていく強さ、美しさも魅力的。空族はまたしても重要にしていとおしい映画を作った。 ー恩田泰子 2/24 読売新聞 夕刊